ファンデーションの付け方

2018年8月27日

介護美容セラピーVOL.9

こんにちは😊

いつまでも暑いですね💦

そんな時、ファンデーション崩れやすいですよね?

先日書いたとおり、乳液はしっかり馴染ませ付ける

お話しをさせていただきました。

それを踏まえた上で、次はファンデーションの付け方

いきますよ〜!

リキッド(液状)のファンデーション

パウダー状のファンデーション

色々タイプありますが、まずは、うす〜く顔全体につけます。

ここ、重要!!

初めからカバーしようと、多く塗っちゃうと、

厚塗りにしか見えません!

カバーは後から…

薄く伸ばした後、気になる部分、人によって

違いますが、シミ、シワ、毛穴などあると思います。

そこに、また手にファンデーションを薄く手に取り、

指で叩くように軽くポンポンと重ね付けします。

あるいは、コンシーラーなどの優秀品を使って

同じように重ねづけし、隠したりも出来ます♡

後は、目の下の三角ゾーン。

ここも、うすーく重ね付けしたり、

または、ハイライトで

少し明るく仕上げます!

目の下のくぼみこそ、老けて見えちゃいますので…

高齢者の方のメイクでも、コンシーラーを使って

気になる部分をカバーさせていただいたり、

ハイライトで、お顔を明るく見せるように

させていただきます。

そうすることで、厚塗りではなく、

自然なメイクに仕上がります。

そして、薄く薄く何回も

重ね付けすることで化粧崩れも防げるんですよ!

一手間のテクニック💕

ぜひ、お試しくださいませ!

そして、綺麗なメイクで、外に出てみませんか?

CE57569A-72E0-40F9-ADEE-093C6A217EA2

きっと、眩しい太陽に負けないくらい

キラキラ輝いて見えますよ☀️

一緒にメイクセラピー、始めてみませんか?

次回はチーク(頬紅)について書きますね!